映画時代

映画・漫画のレビューブログです。コメントもお待ちしてます。
評価はあくまでも自分の偏見によるものです。悪しからず。
ホームページもやっています。
URL → http://www17.big.or.jp/~ti3649/
URL → http://www17.big.or.jp/~ti3649/web
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
NARUTO-ナルト-:63巻
   NARUTO-ナルト-:62巻(http://ti3649.jugem.jp/?day=20121029
 ナルトたちは仮面のうちはマダラと戦い、螺旋丸でそのマダラの仮面を打ち壊す。そしてその正体はカカシが子供の頃、巨大な岩の下敷きになって死んでいった親友のうちはオビトだった。しかし、オビトはカカシを怨んでいた。そこへ穢土転生で甦った本当のマダラが現れる。それで五影たちは皆、そのマダラにやられていた。それでナルトはマダラに向かっていくが、うちは返しで跳ね返されてしまう。そして、カカシはオビトに問いかける。(回想)死んだと思われたオビトは、岩の下敷きになった後、年老いたうちはマダラが救い出していた。しかし、オビトの体の半分は人造体が付けられていた。そしてオビトは生きることに決意し、体を鍛えていく。そしてマダラから逃げ出すことを考える。そんな時、マダラの部下からリンとカカシに危機が迫っていることを聞かされる。そしてマダラの部下によってマダラから逃げ出すことができる。それでオビトはリンとカカシのもとへ向かうが、そこには衝撃な事実が待っていた。それはカカシがリンを手刀で胸を一突きしていた。逆上したオビトはそこにいた霧隠れの忍たちを殺していく。そしてリンの死体を抱きかかえて、オビトは勝者、平和、愛の世界を作り出すことを決意するのだった。そしてオビトはうちはマダラとなった。それからマダラは輪廻眼の長門を仲間に引き入れようとする。(現実)ナルトとマダラ、カカシとオビトの最終戦が始まる。果たして、決着はどうなるのか?今後の展開が楽しみだ!!!
| 不思議くん | 漫画 | 19:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
黒子のバスケ:14巻
JUGEMテーマ:黒子のバスケ
  誠凛は日向の不可侵のシュート(バリアジャンパー)で3ポイントを連発する。それに対して、桐皇の桜井もクイックリリースで応戦する。そして、黒子の消えるドライブから日向の3ポイントで同点で第1クォーターが終了する。そして、第2クォーターが始まり、引続き黒子が出場する。それでいきなり青峰と黒子の1対1で、黒子は消えるドライブ(バニシング・ドライブ)を使うものの、青峰に見破られてしまう。そこで、すかさず黒子は加速するパス(イグナイト・パス)廻で青峰に対抗するが、止められてしまう。そして、青峰の型のないシュート(フォームレス・シュート)で点差をつけていく。黒子はベンチに下げられ、火神が青峰と勝負する。二人はお互い互角の戦いをするが、徐々に火神が青峰を圧倒していく。そして、2点差で前半を終了する。それで、10分間のインターバルに入り、第3クォーターが始まる。青峰は前半より、速いスピードで火神を抜いていく。しかし、黒子は青峰にファールを誘い、火神のサポートをする。そして、黒子は日向にパスをして3ポイントシュートで誠凛は桐皇に逆転する。しかし、すぐに桐皇に点を入れられる。それで黒子にマークが付き、黒子の視線誘導(ミスディレクション)を無効化にする。そこで再び点差をつけて、青峰と火神の勝負が始まる。果たして、火神は青峰に勝てるのか?そして、黒子は次に何をするのか?次回の展開が楽しみだ!!!
| 不思議くん | 漫画 | 22:22 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
トリコ:22巻
JUGEMテーマ:少年ジャンプ
  珍師範は千代婆にやられてしまい、トリコと千代婆の戦いとなる。しかし、戦いの途中でGTロボが現れ、その操縦者は「美食会」の副料理長・スタージュンだった。そして、千代婆と大竹そしてGTロボのスタージュンはグルメ界へ戻って行く。瀕死の重傷を負った珍師範は、「雲隠れ割烹」の料理長・千流によって蘇生包丁を使い、そしてシャボンフルーツを食することで回復する。その後、グルメ界のIGO「第0ビオトープ」では、職員たち(再生屋・与作、グルメ刑務所所長・ラブ、研ぎ師・初代メルクなど)が集まっていた。そして、IGO会長・一龍は、職員たちにグルメ界で美食會との戦争を宣言する。しかし、人間界でも危機が訪れようとしていた。それはグルメ界から四獣が人間を食べに来ようとしていたのだった。その四獣とはマウントタートル(推定捕獲レベル100)、インバイトデス(推定捕獲レベル100)、牙王(推定捕獲レベル100)、キングオクトパスコング(推定捕獲レベル100)の4匹だった。それをトリコ、ココ、サニー、ゼブラの美食四天王が迎え撃とうとしていた。そしてトリコたち四天王は東西南北に分かれて、トリコvs牙王、ココvsインバイトデス、サニーvsキングオクトパスコング、ゼブラvsマウントタートルとそれぞれ戦っていく。しかし、四獣には新たな事実が明らかになる。それは四獣は4匹ではなく、1匹だった。そしてその意味することとは?次回の展開が楽しみだ!!!
| 不思議くん | 漫画 | 16:10 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
黒子のバスケ:13巻
JUGEMテーマ:黒子のバスケ
  ウインターカップの出場を決めた誠凛のメンバーたちは、温泉で体を休めていた。また、そこで桐皇学園のメンバーたちと出会い、ウインターカップの初戦が誠凛と桐皇学園であることを知る。その後に、火神はバスケをパワーアップする為に、アメリカの師匠のもとへ向かう。そして、ウインターカップが開始され、火神も戻って来る。そこでキセキの世代の青峰大輝・黄瀬涼太・緑間真太郎・紫原敦・黒子テツヤそして、「キセキの世代」のキャプテンだった赤石征十郎の6名が再会する。そこで赤石はワンマンで凶暴な人間だった。それから、誠凛と桐皇学園の試合が始まる。先制点は桐皇学園の青峰から始まるが、誠凛も黒子の「加速するパス(イグナイトパス)廻」で青峰の手を弾き飛ばし、木吉にパスをする。木吉がダンクすると見せ掛け、火神にパスで点を取る。しかし、再び桐皇学園に追加点が決まる。桐皇学園は動揺することもなく、いつも通りのバスケをしていた。次に日向が身に付けた必殺技「不可侵のシュート(バリアジャンパー)」で反撃が始まる。果たして、誠凛は桐皇学園に勝てるのか?次回の展開が楽しみだ!!!
| 不思議くん | 漫画 | 18:18 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
ワンピース:68巻
JUGEMテーマ:ONE PIECE
   ルフィは王下七武海海賊トラファルガー・ローの誘いで海賊同盟を組むことになった。それでローに体と心をバラバラにされた仲間たちは元どおりになるものの、サンジがいない為サンジとナミだけは入れ替わったままになる。チョッパーとナミは巨大化した子供たちを助けようとするが薬がない。そこでルフィはローに「同盟を組むなら協力しろ。」と命令する。それでローはチョッパーを連れて、薬を盗みに行く。ルフィはガスガスの実の能力者・シーザー・クラウンを誘拐するようにローから指示される。その頃、ゾロ・サンジ・ブルックは侍の胴体を捜し回っていた。それでサンジは毒の湖に飛び込んで、胴体を捜しに行く。また、ルフィはシーザーを捕まえようとするが、逆にやられてしまう。ローとチョッパーは薬を手に入れる為、シーザーの研究室に行くと、鳥女のモネがいた。しかし、ローは具合が悪くなり倒れこんでしまう。その頃、サンジは侍の胴体を見つけ持ち帰る。そして侍は元通りの体になり、サンジに土下座して感謝する。その侍の名は「狐火の錦えもん」と言い、炎で物を焼き切り、炎を切り裂くことができた。そして今度は息子の「モモの助」を助けに行く。一方、ルフィ、ロー、スモーカーたちは一緒に捕らえられ、そこにはヴェルゴ中将がいた。ヴェルゴはジョーカーの指示で海軍に入隊し、15年かけて階級を上げていった海賊だった。そしてジョーカーとは王下七武海の一人ドンキホーテ・ドフラミンゴだった。その頃、ナミとウソップはシーザーから子供たちを守ろうとしていたが、子供たちはシーザーについて行く。ゾロ、サンジ、ブルック、錦えもんは煙から逃げていた。そして、ルフィたちは、ローのおかげでシーザーの研究室から脱出し、ゾロ・サンジたちと合流する。それで、ナミとサンジは元通りに入れ替わり、ルフィたちはシーザーの所へ向かう。果たして、ルフィは今度こそシーザーを捕らえることができるのか?次回の展開が楽しみだ!!!

| 不思議くん | 漫画 | 21:32 | - | - | - | - |
黒子のバスケ:12巻
JUGEMテーマ:黒子のバスケ
  黒子と火神は、日向から1年前に霧崎第一から木吉が怪我を負わされたことを聞く。そして、誠凛と霧崎第一との試合が始まる。これに勝てば、誠凛はウィンターカップの出場権を得ることになる。いきなり、黒子は消えるドライブから木吉のダンクシュートが決まる。それで霧崎第一の花宮真は誠凛のメンバーたちに反則を仕掛ける。それに対して木吉は花宮に宣戦布告する。そして木吉は仲間を守る為、霧崎第一の妨害を一人で受ける。それで前半戦が終了する。後半戦はまたしても黒子の消えるドライブから火神のダンクで先制点を決め、黒子は交代する。そこで霧崎第一もメンバーチェンジを行い、瀬戸健太郎がコートに入る。そして花宮と瀬戸の罠が待っていた。それは誠凛の伊月のパスがことごとく読まれ、すべてボールを取られ第3クォーターで逆転されていた。そこで第4クォーターで黒子が花宮に読めないパスコースに変えてしまう。それで徐々に点差が縮まっていく。そして花宮から狙われていた木吉を交代させ、日向がスリーポイントを決める。それで誠凛は逆転するが、それでも花宮は点を入れてくる。最後に黒子の怒りが爆発し、火神にパスをして再度逆転し、試合終了となる。そして誠凛はウインターカップの出場決定となる。一方、緑間のいる秀徳もウインターカップの出場決定となる。それで「キセキの世代」がウインターカップにすべて出場することになり、「キセキの世代」との全面戦争となっていく。今後、ウインターカップでどんな「キセキの世代」が現れるのかが楽しみだ!!!
| 不思議くん | 漫画 | 23:15 | - | - | - | - |
黒子のバスケ:11巻
JUGEMテーマ:黒子のバスケ
  誠凛と秀徳も後半戦に入り、黒子がメンバーチェンジでコートに入ってくる。黒子には秘密兵器があった。そして、いきなり黒子は緑間の前で消えるドライブを披露する。それで誠凛は同点までもってくる。それから第4クォーターが始まる。試合は均衡し、ラスト5秒で黒子は木吉にパスをして、最後ダンクで決めようとするが、その時緑間が妨害をする。そして、緑間はファールを取られ、フリースローを2本もらう。それで、木吉は1本目を入れ、同点となる。そして、最後の1本で勝敗が決まる。しかし、木吉のフリースローは外れてしまい、火神がリバウンドを取ろうとするが、緑間に邪魔され、引き分けに終わってしまう。しかし、誠凛のメンバーたちには不満はなかった。そして観客も甲乙つけられないほど、いい試合だったと拍手が起きる。一方、隣で行われていた霧崎第一と泉真館の試合は後味の悪い険悪な空気で終了していた。そして、誠凛の次の試合は、因縁の霧崎第一だった。それは1年前誠凛のバスケット部が創立して、日向と木吉のコンビで誠凛は試合に勝ち上がっていった。そんな時、霧崎第一の試合の時、メンバーチェンジで花宮真がコートに入る。そこで花宮は木吉に事故と見せかけた行動で負傷を負わせる。それで木吉の抜けた誠凛は、東京都ベスト4で終わってしまう。今度の霧崎第一との試合ではどんな試合になるのか?それで木吉は霧崎第一の花宮にどんな戦法でたたかっていくのか?ただ木吉が今年が最後で終わってしまうのが惜しい。できればどんな形でも続けて欲しい。
| 不思議くん | 漫画 | 20:20 | - | - | - | - |
NARUTO-ナルト-:62巻
JUGEMテーマ:NARUTO/WJ
NARUTO-ナルト-:61巻(http://ti3649.jugem.jp/?day=20120825
   イタチはカブトをイザナミの術で抜けられない世界へ送り込み、カブトは動けなくなる。そして穢土転生の術を止めようとしていた。その頃、五影たちは、穢土転生で蘇ったうちはマダラと戦っていた。マダラはスサノオの完成体ですべてを破壊していた。そしてイタチとサスケはカブトの穢土転生の術を止める。しかし、穢土転生で蘇ったうちはマダラは、自ら穢土転生の契約を解除して、死ぬことのない体と無限のチャクラを手に入れる。それで五影たちはもう太刀打ちできなくなる。また、サスケは水月と重吾に出会い、再び大蛇丸を復活させる。それはすべてを知る人物に会うためだった。一方、ナルトたちは仮面のマダラと戦っていた。そして、マダラの目的は十尾復活だった。その時、九尾のクラマが十尾のことについて話し出す。そして、八尾や九尾のチャクラがすでに相手に渡っていることを話す。マダラにとって十尾が不完全に復活しても問題なかった。それは無限月読の術を行うことによって、終わりなき夢が続くからだ。しかし、ナルトの夢はあくまでも火影になることだった。そして戦っているうち、カカシがマダラの術の秘密を見破る。それはマダラの術は時空間忍術だった。そして九尾のクラマはナルトを認め、ナルトの反撃が始まる。次回、ナルトの戦いが楽しみだ!!!
NARUTO-ナルト-:63巻(http://ti3649.jugem.jp/?day=20130405
| 不思議くん | 漫画 | 22:00 | - | - | - | - |
トリコ:21巻
JUGEMテーマ:少年ジャンプ
   トリコと小松は、珍師範に食林寺に連れてこられ、いきなり礼儀を叩き込まれる。それから食義の修業を師範代のシュウに教わることになる。そこでトリコはシャボンフルーツに出会うが、触れることなく消えてしまう。そしてシュウはトリコに勝負を挑むが、トリコの技はすべて交わされてしまう。そこでトリコは全力で戦うが、歯が立たない。そして負けを認める。それで、次に小松も負けてしまう。それから、トリコと小松の食義の修業が始まる。そして、トリコと小松は徐々成長していくものの、ある時、トリコが修業を嫌になり軽くてを振ったら、その威力が凄かった。また小松は特殊調理食材のフグ鯨を一瞬に捌いてしまう。そしてトリコと小松は異常な成長を遂げ、シャボンフルーツを触れることができるようになる。それから、トリコは珍師範に奥義を習得する為、本物のシャボンフルーツを捕ってくる修業に入る。そしてトリコは長い道を歩いていく。それで力尽き倒れこんで、いままで自分を生かしてくれたすべての食材に感謝する。そこにシャボンフルーツが現れ、トリコはシャボンフルーツを実食する。そんな時、食林寺では行方不明になっていた千代婆と小松の友人の大竹、そして美食会が作った灰汁獣・ゴーレムが現れ、食林寺を襲っていた。そこへ珍師範が戻ってきて千代婆と戦い、やられてしまう。そしてトリコも食義を極め、変わった姿で戻って着ていた。それで美食会の灰汁獣・ゴーレムと戦うが、食義を極めたトリコにはゴーレムは相手ではなかった。そして、次にトリコと相手するのは、千代婆か?大竹か?次回、トリコの成長が楽しみだ!!!
| 不思議くん | 漫画 | 19:00 | - | - | - | - |
黒子のバスケ:10巻
JUGEMテーマ:黒子のバスケ
  いよいよウィンターカップ予選が始まる。誠凛は木吉鉄平も加わり、新生誠凛バスケ部が始動する。そして誠凛対丞成の試合が始まる。誠凛は序盤苦戦するものの、木吉のセンターとポイントガード両方を持っているバスケットセンスで第1クォーターは29対18と誠凛が逆転する。それから木吉がセンターにいる限り、誠凛はリバウンドがよく取れ、シュートもよく入るようになる。しかし、火神は良いとこがまったくなかった。そして最後に火神は高校生としてとんでもないシュートを決め、試合終了となる。そして、ウィンターカップ東京代表決勝リーグは、誠凛・泉真館・秀徳・霧崎第一の4校に決まる。また、黒子の無敵のドライブが完成する。決勝リーグ一日目誠凛と泉真館が戦い、緒戦は勝利する。一方、秀徳対霧崎第一は圧勝で秀徳が勝つ。そして誠凛の第2試合目は緑間のいる秀徳との試合となり、第1クォーターは誠凛優勢で進むが第2クォーター終了で均衡状態となり、第3クォーターで秀徳に徐々に離されていく。そして、誠凛にメンバーチェンジが行われる。それで、ついに黒子がコートに入る。果たして黒子の無敵のドライブが炸裂するのか?そして誠凛は秀徳に勝つことができるのか?次回の展開が楽しみだ!!!

| 不思議くん | 漫画 | 21:05 | - | - | - | - |
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
+ PR
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ リンク
+ オススメリンク
アマゾン


楽天ブック


TSUTAYA
TSUTAYA online
+ DELLパソコン
デル株式会社
+ twitter
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE